シワの原因やシワの取り方を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「美容整形」というと、かなり敷居が高く入りにくい気がしますが、「プチ整形」というと、今や誰でも簡単にといったイメージが定着しており、あまり抵抗を感じなくなってきていますよね。「プチ整形」にもいろいろありますが今回は、有名なヒアルロン酸と並び最近注目されています、ボツリヌス・トキシンについてお話します。



ボトックス注入というと聞いたことがあるかたもいるかもしれません。とっても人気のシワ取り法です。この、注入する物質が、ボツリヌス・トキシンというたんぱく質の1種です。ヒアルロン酸注入と同じように、局部に注入する方法で、施術が行われます。


ボツリヌスキトシンは、ヒアルロン酸とは違い、しわの原因となる筋肉の力を弱めて、シワを作らないようにするというシワ取りです。シワを消すというよりは、できないようにするということですね。ボツリヌスキトシンは、アメリカの国立衛生研究所でその効果を実証され、現在世界中で広く使用されています。


もともとは、眼科や神経内科の治療などで使われていたものだそうです。筋肉の力を弱める働きがあることから、現在のように美容外科で使われ始めました。額や眉間、目尻のシワは表情筋によってできるシワで、筋肉が収縮することでできる溝がどんどん深いシワとなって表面に現れてきます。


そこで、筋肉の力を弱める働きのあるボツリヌスキトシンを注入することで、シワをつくれなくする効果を生み出すということです。ヒアルロン酸注入と同じで、痛みや腫れはほとんどなく、アレルギーテストも必要ないそうです。施術時間は10分程度で、効果が現れるのは2~3日後だそうです。


効果が出ると、シワを寄せようと思っても筋肉が弱くなっており、シワが寄らないんだそうです。本当に、究極のシワ取りですよね。シワを作ろうと思ってもできないんですから。これだけの効果があるものですから、それなりに費用もかかります。


それに、筋肉の働きを弱める効果があるということですから、何かしら間違ってしまったときのリスクも頭に入れておいて欲しいものです。そんなことはあってはならないことですが・・・。


もちろん手軽に気楽にできるから「プチ整形」といわれている部分もあるかと思いますが、そうはいっても、安易に決めず、信頼できる病院で信頼できるお医者さんに出会い、きちんとカウンセリングを受けた上で決めていただきたいと思います。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。