シワの原因やシワの取り方を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シワができる原因には、乾燥・紫外線・顔の表情・女性ホルモンの減少・真皮層の弾力低下などが挙げられています。20代・30代と年を重ねてくると、徐々に自分ではっきりわかるくらい肌に変化が出てきます。



最近は、化粧品やサプリメント、エステなど、実際に今できてしまっているシワのシワ取りの方法としては、かなり数があります。それと同時に、効果も実証されており、シワのない若々しい肌を保つことは、難しくないところまで進んでいます。


エステなどで施術すれば、驚くほどの短い時間でシワ取りをすることができます。けれど、他にシワを作らないように気をつけていかなければ、また、繰り返し同じようにシワができていくのも確かです。


そこで今回注目したいのは、しわに効くとされる栄養素です。コラーゲン、ビタミンC・B3・E・A・B群などが挙げられます。

・コラーゲンは、肌に弾力やハリを持たせてくれ、乾燥を防ぎます。

・ビタミンCはメラニン色素の沈着を抑えることで知られていますが、老化原因のひとつとされる過酸化脂質というものを抑える働きがあり、よく知られているように肌のコラーゲンの生成を助けてくれます。

・ビタミンB3というのはナイアシンです。ナイアシンは皮膚の代謝を促し、皮膚を保護する働きのある栄養素です。

・ビタミンEには抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぎ、活性酸素を除去する働きがあります。

・ビタミンAは、ひふの新陳代謝を活発にする働きがあります。そのため、老化を防ぎ肌の潤いを守ってくれます。

・ビタミンB群なども、新陳代謝を助ける働きを持っています。


ビタミンCは、いちご、キウイ、レモン、みかん、緑黄色野菜、大根などに多く含まれています。

ビタミンAは、にんじん、かぼちゃ、鶏・牛レバー、うなぎ等の食品に多く含まれています。

ビタミンEは、植物油やアーモンド・ナッツ類、あんこう(魚)やたらこ類に多く含まれます。

ビタミンB3・B群は、豚肉・やき海苔・ゴマ・小麦粉などに含まれます。


普段の食事にこれらすべてを毎回取り入れることは難しいでしょうが、栄養素の働き・効果などを頭に入れておくことで、外からのシワ取り法を行うことと同時に、内側からもシワに対して効果的にアプローチを仕掛けていきましょう。


[PR]
CFD初心者

外為オンライン評判・口コミ・体験談

結婚相談所の評判・口コミ・体験談

パソナキャリア評判

パソナキャリア体験談

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。